えっ?ホントはクリアポロンが首イボに効かないの?首やデコルテにあるザラザラやイボの改善するという口コミは悪い?実際に買って試して評価・レビューしました!

【詐欺!】クリアポロンは首イボに効果ない?悪い口コミばっかりって本当なの?!

首イボ 治療法

首イボをハサミで自分で切ったら治せる?!爪切りで代用できる?正しい知識で綺麗に

更新日:

首イボの治療にはレーザーや液体窒素など様々な方法がありますが、小さなイボであればハサミで切り取ることもあります。

 

「ハサミで切るだけなら自分でもできるのでは?」

 

と思う方もいるかもしれませんが、自分で切るのは厳禁です!

ハサミで切る治療は必ず専門医に行ってもらってください。

インターネット上には

 

「首イボはハサミや爪切りで切っても大丈夫」

 

と掲載されていることがありますが、たとえ自分で切っても大丈夫な種類だとしても非常に危険なのです。

”危険”と言われてもいまいちピンとこない方のために、今回は首イボをハサミで切ってはいけない理由と自分で切ることの危険性について解説していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

首イボは自分でハサミで切ってはいけない!

首やデコルテ周りのイボってどうしても気になりますよね。

顔周りなので目立ってしまいますし、首元が開いた洋服なんてとても着られません。

できることならキレイに取り除いてしまいたいところですが、インターネットで首イボの治療法を検索すると

 

首イボはハサミで切りましょう!

 

と紹介されている記事を多々見かけます。

中にはハサミでの切り方が説明されているサイトも・・・。

たしかにハサミで切除する治療法は存在しますが、これはあくまでも医師が行う施術であって素人ができるものではありません。

ただハサミで切るのではなく、首イボの箇所や突起の状態を確認して慎重に行う必要があります。

万が一首イボ以外の箇所を傷つけてしまったり首イボの根元が切除できなければ、再発したり化膿するリスクが非常に高まってしまいます。

 

「イボが目立つのが嫌だ」

 

という気持ちは分かりますが、自分でハサミで切るくらいなら皮膚科を受診してください。

跡が残る程度で済むならまだしも、最悪の場合は血が止まらなくなって出血性ショックを起こす可能性もあります。

 

首イボを自分でハサミで切るとどうなるの?

まず、首イボを自分で切ることは厳禁ということを頭に入れておいてください。

そのうえで、ここではハサミで切ったときに起こりうる症状・状態について説明していきます。

 

傷口から細菌が入って炎症を起こす可能性が・・・

ハサミで切るともちろん傷口ができますし、イボと皮膚の間をハサミで切るため出血を伴います。

医師による治療であれば適切な個所を切り取って必要な処置をしてくれますが、自分で行うと切除後のケアができずに傷口から細菌が入る可能性があります。

細菌が入って体内で感染をすると炎症を起こしたり傷口が化膿することになりかねません。

軽度で済めばいいのですが、悪化すると傷口が大きく腫れあがって皮膚科を受診しなければならなくなります。

化膿するとほとんどの場合は跡が残るので、イボを切除しても傷跡が目立ってしまいます。

 

誤った切り方をしてイボが残ってしまう

中途半端に切除してイボの根元が残ってしまうと、再発リスクが高まります。

さらに、切る箇所が適切でない場合は跡が残ったり傷口が開いたり、イボが拡散してしまう可能性もあります。

 

ウイル性のイボの場合、大量発生の原因になる

イボにはウイルス性と非ウイルス性の2種類がありますが、ウイルス性だった場合はヒトパピローマウイルスによって周囲に感染します。

そのイボを自分で切除するということは、自らウイルスを周囲に拡散させることと一緒です。

ヒトパピローマウイルスは周囲だけでなく自分の体にも感染が広がるため、イボが体に広がる危険性があります。

そうなると自分も辛いですし、周囲にも非常に迷惑をかけてしまいます。

 

自分で首イボを切って大変なことになったと言うケース

ここでは、実際に自宅で首イボを切除して大変なことになってしまったケースをご紹介していきます。

 

30代女性Y様の体験談

ふと鏡を見たとき、首筋に小さなイボができていることに気が付きました。

最初は

 

「すぐに治るだろう」

 

と思って放置していたのですが、半年後には治るどころか大きくなってしまいました。

それでも見て見ぬふりをすること1か月。

ある日友達の結婚式にドレスを着て行ったら

 

「首元のイボ、どうしたの?」

 

「首に何かできてるよ!」

 

と友達から言われてしまいました。

さすがにヤバいなと思ってインターネットで色々調べたら

 

5mm以下の小さなイボはハサミで切っても大丈夫

 

という記事を見つけたんです。

そこで早速、帰ってから消毒したピンセットとハサミで根元から首イボを切りました。

出血はほとんどなくて見た目もキレイに切り取れていたので安心していたのですが、それもつかの間・・・。

1週間後、同じ場所にイボが再発していたのです。

しかも今回は3つ。

増えたことに驚きましたが、

 

「どうにかしないと・・・」

 

と思って同じようにハサミとピンセットで切り取りました。

すると、次はすぐにイボが再発・・・。

さすがに怖くなったので皮膚科を受診すると、ウイルス性のイボであることがわかりました。

ウイルス性のイボはレーザーで焼かないといけないということで、結局レーザー治療を受ける羽目に。

おかげさまで再発することなくキレイに治りましたが、今後イボができても自分では絶対に切りません!

 

首イボを自分で切るのはとても危険な行為!

首イボを自分で切るのが危険だと言われる最大の理由は

 

首イボの種類によっては取り返しのつかないことになる

 

からです。

一口に首イボと言っても、良性なのか悪性なのか、はたまたウイルス性なのか非ウイルス性なのかは素人には分かりません。

悪性の腫瘍だった場合は癌に進行する危険性さえあります。

一方で、アクロコルドンや老人性疣贅のように害のないイボもあります。

イボの種類や状態によって治療法が異なりますので、そのときの症状に合った治療を受けるためにも病院を受診してください。

 

ハサミで切除できる場合は医師が切除してくれますし、場合によってはレーザーや液体窒素を使用した治療が行われます。

医師があなたのイボの種類を特定して適切な治療を行うことで再発を防止してキレイに治すことができるのです。

治療が必要なイボは保険が適用されるので、危ない橋を渡るよりも最初から病院を受診しましょう。

 

ハサミや爪切りで首イボを切ってはいけません!

これまでご紹介してきたように、ハサミや爪切りで首イボを切る行為は非常に危険です。

病院では徹底した衛生管理のもとで処置が行われますが、自宅は病院のような衛生環境は整っていません。

ましてや普段から使っているハサミや爪切りを使うとなると、目には見えない雑菌がたくさんついています。

いくら消毒をしてもすべての菌を殺菌するのは極めて困難です。

 

もしも菌がついた状態のハサミや爪切りでイボを切除して傷口からウイルスが入り込んだら・・・。

想像するだけでも恐ろしいですよね。

仮に良性のイボであったとしても雑菌が入り込むと化膿して傷跡が残る可能性があります。

首イボをキレイに治すためにも絶対に自分で切らないようにしてください。

 

首イボはセルフケアで治せる?自宅でのケア方法は?

もうお分かりだとは思いますが、自宅でハサミや爪切りを使って切除するのは厳禁です!

どうしても自宅でケアがしたいという方はイボ専用の化粧品でケアを行いましょう。

即効性には欠けますが、毎日塗り続けることで症状が改善する可能性があります。

ヨクイニンやあんずエキスなどの美容成分が配合されたジェルがおすすめです。

ただしウイルス性のイボには効果がありませんので、塗り続けても効果がない場合やイボが急激に大きくなっている場合はすぐに皮膚科を受診してください。

 

まとめ

首イボをハサミや爪切りで切除するのはとても危険です。

素人が自己判断でできる治療法ではありませんし、誤った方法で切り取ると大変なことになってしまいます。

 

「首イボが目立って嫌だ」

 

という気持ちは分かりますが、再発せずキレイに治すためにも病院で適切な治療を受けることが大切です。

化膿や出血などのトラブルを防ぐためにも早めに病院を受診しましょう。

自宅でケアがしたい方は首イボ専用化粧品を取り入れるのもおすすめです。

気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

*お手軽に首のイボを無くせる首イボ改善クリームランキングをチェックしてみよう!クリアポロンは何位?

ランキング
人気の首イボ改善クリームランキングTOP5!

首イボは美観を損ねますし、自分で触ってもザラザラしてとても気になりますね。 誰にも言えず、スカーフで首を隠して密かに悩ん ...

続きを見る

-首イボ, 治療法

Copyright© 【詐欺!】クリアポロンは首イボに効果ない?悪い口コミばっかりって本当なの?! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.